なぜニキビに保湿が必要なの?

なぜニキビに保湿が必要なの?

ニキビを洗顔してもなかなか治らない・・・何度もニキビが繰り返しできてしまう・・・ニキビがなかなか治らない人は洗顔よりも保湿をすることで治ることがあります。

 

ニキビは毛穴に詰まった皮脂がアクネ菌と結びついて炎症を起こしてできます。ですから洗顔をすることで毛穴に詰まった皮脂を洗浄、殺菌してニキビを治そうとします。

 

一般的にはこのような目的で洗顔をします。

 

ただ、洗顔によって皮脂を除去しすぎることによって、逆に皮脂の分泌を過剰にしてしまうことがあります。そうすると洗顔をすればするほど皮脂が詰まりやすくなって繰り返しニキビでできてしまうことになります。

 

また、洗顔によって皮脂が除去された肌は乾燥します。もちろん乾燥することはいけませんが、乾燥することで肌の再生(ターンオーバー)が遅くなります。そうすると古角質が残ってしまい、毛穴をふさいでしまいます。ふさがれて毛穴は皮脂が詰まりやすくなってニキビができやすく繰り返しできる原因になるのです。

 

 

 

 

保湿をするとニキビってよくなるの?

繰り返しニキビができてしまう場合、洗顔をしても治らない場合、保湿をすることで改善しやすくなります。保湿をすると皮脂の分泌をコントロールできるので、毛穴に皮脂が詰まるのを防いでくれます。また、肌の再生がきちんと行われて古い角質が残らず、毛穴をふさぎにくくなってニキビになりにくくなります。ただ、保湿をする場合でも肌の表面だけの保湿だけではあまり意味がありません。肌の奥まで浸透して保湿の持続力がある保湿剤をえらぶことで、ニキビができにくくなると思いますよ。